2010年03月27日

<介護福祉士候補>インドネシア人の1割、日本語分からない(毎日新聞)

 厚生労働省は24日、経済連携協定で08年度に入国し、介護施設で研修を始めて約1年になるインドネシア人介護福祉士候補に関する受け入れ実態調査の結果を発表した。日本語能力について、候補の9割が「理解できている」と答えたが、1割は「分からない」と回答。日本語の勉強時間は「週1〜5時間」が半数を占めた。

 調査は1〜2月、インドネシア人介護福祉士候補を受け入れた施設の施設長・理事長、施設職員、利用者、候補本人らを対象に初めて実施し、39施設528人から回答を得た。

 候補たちのコミュニケーション能力に関する施設職員の評価は▽特に問題なく意思疎通できる19%▽時々話が通じないが、ゆっくり話せばおおむね伝わる73%▽意思疎通が全くできない1%−−などだった。

 一方、候補に対し、施設利用者の話の理解度を聞くと▽十分理解できている3%▽だいたい理解できているが時々分からない92%▽全く理解できない1%−−などだった。

 候補たちは12年1月に予定されている介護福祉士試験の合格を目指している。厚労省は「日本語能力向上のためさらに支援する必要がある」としている。【佐藤浩】

【関連ニュース】
介護福祉士訓練生:県が受講生を募集 離職者向け、無料で /栃木
星が丘ホーム:立ち往生する人、受け入れ10年 14日に記念行事−−垂水 /兵庫
卒業式:51歳の巣立ち、栄野恵美子さん−−旭川荘厚生専門学院 /岡山
県:働きながら資格を取りませんか 福祉事業所で求職者募集中 /滋賀
県:介護職希望の失業者を支援 働きながら資格 /和歌山

建設会社社長ら2人を逮捕=玉東町の入札妨害−熊本県警(時事通信)
乗員13人が軽傷 マイクロバスとタクシーが衝突 東京・東雲(産経新聞)
参院選公約、3本立てで=地方版、業界向けも作成へ−自民(時事通信)
<みんなの党>「参院選出馬20人以上に」渡辺代表(毎日新聞)
<未成年後見人>「分析したい」長妻厚労相(毎日新聞)
posted by コムロ テツオ at 21:54| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。